yuba168の日記

趣味丸出し

リュウ戦

この組み合わせはラシード側の視点だとリュウが対策出来てるか出来てないかはすごいわかりやすい。

なのでまずリュウ側がラシード対策をどのくらいしているかを見て、ラシードも動かなければいけない。気にしなければいけないのは大まかにみてこんな感じ。

 

1.どの距離で波動を撃ってくるか

2.各間合いで撃つ波動の強度

3.Vリバーサルの頻度、どの技にしてくるか

4.弱ミキサーLV0ガード後に何をしてくるか

 

1はネイルで抜けれる距離かどうかを見る。見てからネイルが出来る間合いで撃つリュウはそこまで苦じゃない。ネイルを警戒して遠くでじっくり様子を見てればラシード戦で痛い目あったリュウだと思う。きちんとしたリュウなら波動を見てからネイルで抜けれない距離で撃つはずなので、初めて戦うリュウならとりあえず下がって様子を見る。

 

2は強なら抜けれない、弱なら抜けれるみたいな間合いもあるので相手が弾撃ちを真面目にやってるかどうかはみときたいところ。

 

3は相手のターンになるのを拒否するためにやるか、端に追い込まれた時のみやってくるか、そんなとこを見たい。Vリバをしたら間違いなくガードされないって技を対策してるはず。

 

4は弱ミキサーに立小Pをやる相手であれば中足を出せば空振りするので中足、立小Kや2小Pであるなら中足すかしを警戒している。

 

使用者によって細かいところに違いはあるにしろ攻略のベクトルは一貫していて

・端端では波動を撃つがネイルが届く遠距離では何もしない。

・ラシードの2大Pが届くか届かないかの距離で戦う

・目の前で技が空振りしたら大ゴスや大足

・その距離で波動を撃ちつつ飛ばして落とす

・下がりたがるとこを狙いすました下段

・ターンを取られる起点になる技にはVリバ

おそらく、こんな感じ。

 

細かいとこだと

・ラシードのめくり中Kは立小P、昇竜で落ちる

・ラシードの立中Kは立大Kが噛み合うと負ける

リュウのJ大Kに立小K対空は死が待っている

・ラシードが立大Kをブッ込んだら立小Kが確定

ここらへんも知っときたい。

 

照らし合わせると、ラシードがリュウに届かない技を振る事をしないのを前提でやるなら

・密着 先に小技で触ったほうが有利

・少し離れたラシードの中足が届く間合い ラシード有利

・ラシードの2大Pがギリギリ届く間合い 五分

・ラシードの2大Pがギリギリ届かない間合いかつ、立大Kしか届かない間合いリュウ有利

・ネイルが波動を見て抜けれる間合い ラシード有利

こう考えるとリュウが有利な間合いは近すぎず離れすぎずなので、ラシードの接近を阻止するためにリュウ側が波動、EX波動、立中K、2中P、ネリチャギみたいな技や期待値高めな大K、大足で追い払う。

時には地上に意識をさせてめくりや飛びも。つまりリュウはこの間合いだと色んな駆け引きができるわけで、この間合いでジリジリやる事は僕みたいなパンピーにはあまり得策ではないので後ろにレバーを入れながら対空を入れるのは難しいよね。

 

こんな感じで考えると、リュウ側がある程度近づかなきゃいけなくて、ラシード側はネイルに固執すると下がってしまう傾向があるから割り切って前に歩いて出たほうがいいかもしれない。